富山・いのちの教育研究会

inochi2.exblog.jp

「生きる」とはどういうことか、大人と子どもが一緒に考えるサイトです。

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

風の道の活動を通して

※ 詳細ファイル(pdf)を表示するためには Adobe Reader が必要になります。
 ダウンロードは こちら をクリックしてください。

自死遺族死別の体験分かち合い「風の道」(富山)代表 本田万知子 氏 「 「風の道」の活動を通して」・」(平成23年11月例会)new

富山短期大学教授 田淵 栄一 氏 「いのちの教育・・・人間の脳の進化・・」a>・」(平成23年5月21日総会)new

">講師 文部科学省初等中央局 教科調査官 田村 学 氏 「公開授業についての指導講話」・・・」(平成23年2月18日例会)new

講師 北陸メンタルヘルス研究所長 草野亮 氏 「死を見つめて生きる」 ~長島 正博先生の生涯に学ぶ~・」(平成23年2月18日例会)

富山県立図書館長 立野 幸雄 氏  「生命の揺らぎ・・・ある地方人の死生観・・ ・」(平成22年11月例会)

北陸学院大学教授 金森 俊朗 氏  講演 「6学年児童 対象」 > (平成22年9月例会)

高岡市立戸出東部小学校校長 田畑 章 氏 「心豊かな子どもを育てる道徳教育と学校の役割 (平成22年2月例会)

富山国際大学 子ども育成学部 第1回公開セミナー 講師 文教大学教授  日本生活科・総合的学習教育学会会長 嶋野 道弘 氏 「 子どもの世界・・・・・子どもはいかにして学び育つか ・・・・・ 」   (平成21年12月例会に代えて)

富山県立大学工学部環境工学科 教授  九里徳泰氏 「生物多様性(生態系保護)と環境教育>」(平成21年10月例会)

上越教育大学教職大学院教授  広瀬 裕一 氏 「 公立学校と宗教 」span> (平成21年7月定例会)

大島絵本館事務局長 土田陽一先生 「絵本に学ぶいのち」
 (平成21年度総会)

城山中学校 「児童生徒の輝く心育成推進校~命の大切さを学ばせる体験活動」 文部科学省2ヵ年研究指定校(平成20年度定例会)

朝日丘小学校「小学校中学年における『いのちを大切にする心を育む』道徳指導プログラムの開発(平成20年度定例会)

青木新門先生 「いのちのバトンタッチ」(平成20年度定例会) 

稲葉茂樹会長「動物に学ぶいのち」  (平成20年度総会)

高木司先生「小学校中学年における『いのちを大切にする心を育む』道徳指導プログラムの開発」(平成19年度定例会)

町井富子先生「生命尊重の心を育む」(平成19年度定例会)

楠顕秀先生 「『いま』を生きる」(平成18年度総会)

高木慶子先生 「生きる力といのちの教育」(平成18年度 5周年記念特別講演会)

山本茂行先生 「動物のいのちと死を見つめて」(平成18年度公開講演会)

篁幸子先生 「命の大切さを教える教育」(平成17年度総会)

近藤卓先生 「『いのち』の大切さがわかる子に」(平成17年度定例会)

太田友恵先生 「家族からの生体肝移植を受け…」(平成16年度総会)

梶谷明美先生 「ブックトークの実践を通して…」(平成16年度定例会)

草野亮先生 「いのちを考える」(平成16年度定例会)

安井俊夫先生 「いのち、人間って-いのち、人間を理解するための題材の提供-」
(平成16年度定例会)

篁俊男先生 「症例に見る死の受容について」(平成16年度定例会)

黒澤景壽先生 『「いのちと死」あれこれ思うこと』(平成15年度総会)

飯田宗映先生 「生死(しょうじ)の苦海」(平成15年度定例会)

近藤卓先生 「いのちの教育の考え方と展開」(平成15年度定例会)

森太貴子先生 「これまでの看護師、助産師の体験から」(平成14年度定例会)

得丸定子先生 「「『いのち教育』のめざすものと課題」(平成14年度定例会)

豊原則子先生 「富山・生と死を考える会10年の歩み」(平成13年度定例会)

山本陽子先生 「闘病・看護体験を中心に」(平成13年度定例会)
[PR]
by toyama-inochi | 2009-12-31 23:58 | ~H24_講演の概要
※ 詳細ファイル(pdf)を表示するためには Adobe Reader が必要になります。
 ダウンロードは こちら をクリックしてください。



公開授業 「心をつなごう ポアタルジ (こんにちは)  高岡市立野村小学校 加藤知穂 教諭 

(平成23年度 2 月18 日定例会・場所 野村小学校)new


上滝中学校におけるいのちの授業実践の発表  富山市立上滝中学校 吉田和央教諭
(平成23年度12月10日・定例会)new


児童生徒の心に響く道徳教育の推進事業(第1次研究内容提供)
(平成20年度7月定例会)

VTRによる「6年生48名との公開授業」を視聴
(平成19年度2月定例会)

小学校中学年における「いのちを大切にする心を育む」道徳指導プログラムの開発
(平成19年度12月定例会)

「いのち輝く」から学びを生きる力につなげる学年・学級経営-低学年のいのちの教育-

(平成19年度9月定例会)

ヤゴさん救出大作戦-トンボ池にいのちのつながりを見つけた-(平成18年度定例会)

郷土を大切にする心をもち、思いやりのある言動ができる生徒の育成を目指して
(平成18年度定例会)

命を大切にする心をはぐくむ教育の推進に関する研究(平成18年度定例会)

「いのち」に力をもらい、みつめ・つなぐことを意識して(平成17年度定例会)

ウサギの飼育に取り組んだ生活科の授業実践(平成17年度定例会)

わたしのいのち-自分のいのちを実現する活動を通して学ぶ図画工作科の授業-
(平成17年度定例会)

みんなでザリガニを育てよう(平成17年度定例会)

「自分のいのち」どう生かすか(平成16年度定例会)

杉原中学校・中伏木小学校での取り組み(平成15年度定例会)

僕らのナマズが死んじゃった(平成15年度定例会)

いのちと死の教育に関する授業実践(平成14年度定例会)
[PR]
by toyama-inochi | 2009-12-31 23:58 | ~H24_実践発表の概要
平成22年度のあゆみ

平成21年度のあゆみ

平成20年度の歩み

平成19年度のあゆみ

平成18年度のあゆみ

平成17年度のあゆみ

平成16年度のあゆみ

平成15年度のあゆみ

平成14年度のあゆみ

平成13年度のあゆみ
[PR]
by toyama-inochi | 2009-12-31 23:58 | ~H24_会の歩み
新教育基本法における「生命尊重」について(抜粋)

中央教育審議会答申(1998年6月30日 抜粋)(文部科学省)

中央教育審議会答申(2002年2月21日 抜粋)(文部科学省)

中学校学習指導要領解説 道徳編(平成11年9月 抜粋)(文部科学省)

小学校学習指導要領解説 理科編(平成11年5月 抜粋)(文部科学省)

小学校学習指導要領解説 道徳編(平成11年5月 抜粋)(文部科学省)

「命の大切さ」を実感させる教育プログラム(兵庫県教育委員会)

「いのちの教育」の指針(山形県教育委員会)

「いのちの教育」リーフレット(富山県教育委員会)
[PR]
by toyama-inochi | 2009-12-31 23:58 | ~H24_行政関係情報
※ 詳細ファイル(pdf)を表示するためには Adobe Reader が必要になります。
 ダウンロードは こちら をクリックしてください。

「とやま・いのちの塔」 建立一周年記念事業 イベント 開催>NEW



「とやま・いのちの塔」竣工式

「とやま・いのちの塔」建立までの経緯 「とやま・いのちの塔」の完成予想デザイン
[PR]
by toyama-inochi | 2009-12-31 23:58 | ~H24_とやま・いのちの塔
  第44回の10月定例会の講演は富山県立大学工学部教授九里徳康教授により行われた。
下記にその内容の中から聞き留めたことをまとめてみたい。

  自己紹介の中で、講師の先祖代々が東大の赤門近くにあったとのことで、これまで新聞記者を経て、海外80カ国を探検しながら学び、この4月に同大学に着任したとのことである。

  これから取り組む予定は国土交通省のアジアの交通における環境の内容と環境庁の観光地における環境影響と経済である。
① 動植物差から細菌に至るまでの様々な生き物が網の目のようにつながっている生態系がある。

②大量の化学薬品や肥料で種の数が減れば、あるの目が少なくなり、徐々に種が絶えて減少していく。

③ 観光とは光を観ることであり、素晴らしい自然は生態系の多様性によって保たれる。

④ 地球の温暖化と海水温の上昇によって珊瑚の白化現象が全国的に起きている。

⑤ 日本の里千里山では完全な自給自足が可能であった。そこに日本らしい生物の多様性がある。

⑥ 生物多様性が支える生態系サービスには酸素、気温、湿度調整、水や栄養資源、豊かな土壌がある。

⑦ 人間のいない地球に自然環境のエコシステム(生態系)があった。そこに人間は社会システムを形成した。


⑧人間の過度な負担を自然循環のエコシステムに与えてはいけない。

⑨環境教育のアクションには地域の行動が大切である。

  終わりに、いのちの教育事例としてカシオの「いのちの授業」や教育機関との関わり方が紹介された。
[PR]
by toyama-inochi | 2009-12-07 14:46
 富山国際大学の「子ども育成学部が今年4月に呉羽キャンパスに開設された。
 
 同学部の第1回セミナーに、本会会員にも案内をして、本会からも約10名の申込みがあり、約100名の聴講者及び学生とともに講演を聞かせていただいた。
  講師は講演の主旨を
    「子どもは、人や社会及び自然とかかわり会う中で学び育っていきます。親や教師は、そうした子どもの学びや育ちを、どのようにとらえ、どのようにかかわっていけばよいのでしょうか。主に児童期の生き生きと活動する情景を通して考えていきます。」
   と資料に記して、次のような内容に入り、いのちの教育に関わる貴重な示唆を得た。

  ①子どもが好きというだけでは必要条件の域に留まり、大切なのは正しい子どもの教育観、子ども観があって初めて十分条件となる。

  ②子どもの教育に大切なことは 1. かかわりあうこと(人や自然に) 2. 知の構築  3. 個性を伸ばす の3点である。

  ③ 目に見える自然だけでなく、かかわる自然、体験させる自然を子どもたちに多く与える。

  ④ 教師は忙しがらないで子どもの一瞬一瞬を大切にする。

  ⑤ 子どもをとらえきる(理解すること)は不可欠だが、その内面を想像し、近づくことが大切である。

  ⑥ 子どもが知ろうとする興味や感動の中で学ばせるのが教育の美学である。

  ⑦ いのちある自然界の現象に無垢にふれあいバランスある学習の中でステップを高めて伸びていく。

     子どもが見えなければ教育が始まらないというところに教育の核心があると一貫して感じた。
[PR]
by toyama-inochi | 2009-12-07 11:33