富山・いのちの教育研究会

inochi2.exblog.jp

「生きる」とはどういうことか、大人と子どもが一緒に考えるサイトです。

研究活動等の歩み_H16

※リンクをクリックすると概要が表示されます。

講話1  太田友恵氏(世界移植者スポーツ大会水泳競技金メダリスト)
    「家族からの生体肝移植を受け、一命を取り留めた」

講話2  梶谷明美氏(市図書館指導員)
    「小学校図書館における「いのち」のブックトークの指導」

講話3  草野 亮氏(精神科医)
    「医師から見たいのちの教育観」

講話4  篁 俊男氏(整形外科医院長)
    「症例に見る死の受容について」

実践発表  荒俣寿生氏(浅井小養護教諭)
    保健室から見るいのちの教育

話題提供  安井俊夫氏(城山中校長)
    「いのち、人間って」~いのち、人間を理解するための題材の提供~

研修報告  盛光文夫氏他1名(小杉中央公民館長)
    上越教育大第5回いのちの教育研修講座受講報告
[PR]
by toyama-inochi | 2014-01-18 13:05 | 本会について